教育団体向けGitLab

キャンパスへのDevOpsの導入

画像: 教育団体向けGitLab

要件

教育団体向けGitLabプログラムに参加する教育機関は、次の要件を満たす必要があります。
  • **認定: **教育機関は、地方、州および都道府県、連邦、または国の認定機関によって認定されている必要があります。詳細はこちら
  • **主な教育の目的: **在籍している学生を教育することを主な目的とする教育機関である必要があります。
  • **学位授与: **準学士、学士、および大学院の学位などの学位を積極的に授与する教育機関でなければなりません。
  • **非営利: **非営利の教育機関である必要があります。営利団体は対象外です。
教育団体向けGitLabプログラムのライセンスは、次の目的でのみ使用できます。
  • **教育目的での使用: **教育機関の教育機能の一部である学術教育を含む、学生の学習、トレーニング、もしくは育成に直接関連する活動。

  • **非営利の学術研究: **収益を生み出すために誰かが商業的に使用するための結果、作品、サービス、またはデータを生み出さない非営利の研究プロジェクトの実施。第三者の要求に応じて第三者の利益のために行われる研究は、教育団体向けGitLabライセンスの下では許可されません。

  • 教育団体向けGitLabライセンスを使用して機関を経営、管理、または運営することは許可されていません。 GitLabは、キャンパス全体で使用できるアカデミック割引と特別価格を提供しています。詳細はこちら

  • **注: **現時点では、13歳未満の学生が在籍する教育機関は、GitLab SaaSの対象外です。これらの機関は、GitLab Self-Managedライセンスを取得することができます。

対象となる申請者
  • **教員またはスタッフ: **教育機関でフルタイムで雇用されている教員またはスタッフのみ申請できます。本プログラムでは、学生に対して直接ライセンスを発行することはできません。
  • **メールドメイン: **申請者は、代表機関のメールドメインで申請する必要があります。個人のメールドメインは受け入れられません。
国に関する制限事項

*GitLab, Inc.は、中国にある教育機関にはライセンスを発行しません。中国での教育用のライセンスの取得についての詳細は、[JiHuにお問い合わせください](mailto: [email protected])。JiHuの詳細はこちら

教育団体向けGitLabプログラム契約

*承認されると、すべてのプログラムメンバーは教育団体向けGitLabプログラム契約の対象となります。

プログラムの特典

*トップレベルの機能 (SaaSまたはSelf-Managed) のライセンスごとのシート数は無制限です。シート数は、翌年中にこのライセンスを使用するユーザー数です。
*シート数とライセンスの種類 (SaaSまたはSelf-Managed) は、更新時またはリクエストすることで変更できます。
*GitLabのサポートは、教育用のライセンスには含まれていません。
*サブスクリプションには、CI Runner向けに50,000コンピューティング時間 (分) が含まれています(追加の分数は購入する必要があります)。

お申し込み

お申し込み手続き

*右側のお申し込みフォームに記入してください。できるだけ正確かつ完全な情報を入力してください。
*GitLabは、信頼できるパートナーであるSheerIDを使用して、要件を満たす教育機関に在籍する教師、教員、またはスタッフであることを確認します。

お申し込み後の流れ

お申し込みフォームへの記入後、認証されると、ライセンスを取得するための手順が記載された確認メールが送付されます。注意して指示に従ってください。

ヘルプとサポート

カスタマーポータルでライセンスを取得する際に問題が発生した場合は、GitLabサポートポータルでサポートチケットを作成し、[ライセンスと更新の問題]を選択してください。

更新

更新の申請

教育団体向けGitLabライセンスは毎年更新する必要があります。プログラムの要件は随時変更される可能性があります。また、続けてご利用いただくメンバーが引き続き要件を満たしていることをご確認いただく必要があります。

更新を申請する前に:

*権限を確認してください。サブスクリプションの更新を申請する方は、その機関のGitLabカスタマーポータルでサブスクリプションを作成した方と同じ人物でなければなりません。
*別のユーザーが更新をリクエストする場合は、既存のオーナーがカスタマーポータルアカウントの所有権を移管する必要があります。既存のオーナーが所有権を譲渡または更新できなくなった場合は、サポートチケットを作成して、サブスクリプションのオーナーを変更してください。

初めてプログラムに申し込む場合でも、既存のメンバーシップを更新する場合でも、使用するフォームは同じです。

お申し込みフォームへの記入後、認証されると、ライセンスを取得するための手順が記載された確認メールが送付されます。注意深く指示に従ってください。


よくある質問

GitLabを始めてみましょう

DevSecOpsプラットフォームを使用して、チームの可能性の広がりを体感しませんか?

無料トライアルを開始
Headshots of three people

ご質問はありますか? 私たちにお任せください。

お問い合わせ