GitLabのJenkinsインテグレーション

GitLabプロジェクトへのプッシュごとにJenkinsビルドをトリガーします

画像: GitLabのJenkinsとのインテグレーション

概要

GitLabはフル機能を備えたソフトウェア開発プラットフォームです。GitLabで提供される強力な機能に含まれる、ビルトインのGitLab CI/CDを使用すると、CI/CDの外部ツールを統合することなく、アプリのビルド、テスト、デプロイを行えます。

しかし、多くの組織では、デプロイプロセスにJenkinsが使用されているため、GitLabをすぐに使えるようにするには、GitLab CI/CDに切り替える前に、Jenkinsとのインテグレーションが必要となります。また、現在のプロジェクトのために確立されたインフラを変更できないため、アプリケーションのビルドとデプロイにはJenkinsを使用して、他のすべての機能にはGitLabを使いたいという人もいます。

GitLabのJenkinsインテグレーションを使えば、Jenkinsでビルドするように簡単にプロジェクトをセットアップすることができ、GitLabはGitLabのUIからすぐに結果を出力します。


仕組み

  • ** GitLabマージリクエストにJenkinsの結果を表示:**プロジェクトにGitLabのJenkinsインテグレーションをセットアップすると、プロジェクトへのプッシュによって外部のJenkinsインストールでのビルドがトリガーされます。GitLabは、プロジェクトのパイプラインリストからマージリクエストウィジェットに直接、パイプラインのステータス(成功または失敗)を出力します。
  • **ビルドログにすばやくアクセス:**ビルドログを確認するたびに、結果バッジをクリックすると、Jenkins UIのパイプラインに移動します。

メリット

  • 簡単かつ迅速に設定可能: Jenkinsは、プロジェクトのインテグレーション設定から直接、GitLabエンタープライズエディションに簡単に統合できます。JenkinsサーバーでGitLabの認証を設定するサービスを有効にして、Jenkins側でGitLabとの接続が認識されたら、すぐに使用できます。
  • ** GitLabを活用して行っているワークフローを維持:** Jenkins側でビルドを実行しているにもかかわらず、新しいアイデアのディスカッションから本番環境へのデプロイまで、他のすべてをGitLabで処理できます。Jenkinsインターフェイスは、失敗が発生した場合など、詳細情報を取得する場合にのみ必要です。

今すぐGitLabを試してみましょう

単一プラットフォームで実現させるソフトウェアデリバリーで、チームの力を引き出しましょう。

無料トライアルを開始する
Headshots of three people

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

エキスパートに相談する