継続的なソフトウェアコンプライアンス

コンプライアンスを組み込んで、リスクを軽減し、効率を高めましょう。

画像: 継続的なソフトウェアコンプライアンスを実現するGitLab

ソフトウェアのコンプライアンスは、チェック項目を選択するだけではありません。 クラウドネイティブアプリケーションは、コンテナ、オーケストレーター、Web API、その他のInfrastructure as Code (IaC)を介した、まったく新しいアタックサーフェスとなっています。複雑なDevOpsツールチェーンとともに、こうした新たなアタックサーフェスが生じたことで、悪名高いソフトウェアサプライチェーン攻撃を受け、結果的に新たな規制要件が定められました。継続的なソフトウェアコンプライアンスは、単にコード自体のセキュリティ上の欠陥を減らすだけでなく、クラウドネイティブアプリケーションとDevOpsの自動化での固有のリスクを管理する重要な方法になりつつあります。

Compliance. Security. Simplified.

ライセンスのコンプライアンスとセキュリティスキャンは、コード変更を確定するたびに自動的に実行されます。

コンプライアンスを考慮した単一のDevOpsプラットフォーム

ビルトインコントロール

ソフトウェアのコンプライアンスは、ソフトウェア開発プロセスから切り離されると困難になることがあります。組織は、既存のワークフローやプロセスに追加されたものではなく、組み込まれたコンプライアンスプログラムを必要としています。ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティに関するガイドをダウンロードして、詳細をご覧ください。

ポリシーの自動化

コンプライアンスを制御すると、コンプライアンス違反やプロジェクトの遅延といったリスクを軽減しながら迅速なソフトウェア開発が可能になります。すべてを1か所にまとめることで、監査を簡素化します。

コンプライアンスをシフトレフト

早い段階でセキュリティの欠陥を見つけて修正したいと考えるように、コンプライアンスの欠陥でも早期に対応することが最も効率的です。コンプライアンスを開発ライフサイクルに埋め込めれば、コンプライアンスもシフトレフトできます。

コンプライアンスのフレームワーク

ラベルの付いたプロジェクトに、共通のコンプライアンス設定を簡単に適用できます。

継続的なソフトウェアコンプライアンスを簡素化

GitLabのコンプライアンス管理機能は、ユーザーがコンプライアンスに準拠したポリシーとフレームワークを定義、適用、およびレポートできるので、シンプルで使いやすく、問題が発生しないようにすることを目指しています。

ポリシー管理

コンプライアンスのフレームワークと一般的な制御を遵守するためのルールとポリシーを定義します。

コンプライアンスに準拠したワークフローの自動化

コンプライアンスの自動化は、定義されたルールとポリシー、および職務分掌を実施しながら、全体的なビジネスリスクを軽減できます。

監査管理

DevOpsの自動化全体におけるアクティビティをすべて記録して、インシデントを特定し、コンプライアンスルールと定義されたポリシーの遵守を証明します。単一のプラットフォームで可視性が向上するとともに、ツールチェーンのサイロ化を回避できます。

セキュリティテストと脆弱性管理

すべてのコード変更に対してセキュリティスキャンを実施して、ライセンスのコンプライアンスを確保し、DevOpsエンジニアやセキュリティ担当者が脆弱性を追跡および管理できるようにします。

ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ

従来のアプリケーションセキュリティテストだけでなく、クラウドネイティブアプリケーションやDevOps自動化のアタックサーフェスをエンドツーエンドで管理します。

GitLabを始めてみましょう

DevSecOpsプラットフォームを使用して、チームの可能性の広がりを体感しませんか?

無料トライアルを開始
Headshots of three people

ご質問はありますか? 私たちにお任せください。

お問い合わせ