Topics DevOps

DevOpsとは?


より優れたソフトウェアをより迅速にビルドしたいというニーズに応えてくれるのが、DevOpsです。このソフトウェア開発手法によって、安全なコードを迅速に作成するために一人ひとりが貢献できる仕組みについて説明します。

DevOpsのeBookを今すぐダウンロード

DevOpsの定義

DevOpsとは、開発(Dev)とオペレーション(Ops)を組み合わせた手法のことであり、従来のプロセスと比較して、効率性、速度、安全性に優れたソフトウェア開発とデリバリーを実現できます。より迅速なソフトウェア開発ライフサイクルにより、企業と顧客に競争優位性がもたらされます。

DevOpsライフサイクル

DevOpsの説明

DevOpsは、関係者が協働して安全なソフトウェアを最高速度で構想、ビルド、提供することとして最もよく説明できます。DevOpsの実践により、ソフトウェア開発(Dev)とオペレーション(Ops)チームは、自動化、共同作業、迅速なフィードバック、および反復的な改善を通じて、ソフトウェアデリバリーを加速させることができます。ソフトウェア開発におけるアジャイル手法 から生まれたDevOpsプロセスには、アプリケーションのビルドおよび提供をより迅速かつ反復的な方法で実現するための、より部門横断的なアプローチが含まれます。

DevOps開発プロセスの採用は、開発サイクルのすべての段階でより多くの共同を伴う環境を促進し、アプリケーションの開発フローと価値提供を改善するという意思決定であるといえます。DevOpsは、ITの文化に通じる概念を一変させるものなのです。アジャイル手法、リーン手法、システム理論から導き出されたDevOpsでは、ビルドにおいて、インクリメンタル開発および迅速なソフトウェアデリバリーに焦点が当てられます。成功するかどうかは、説明責任の文化、より効果的な共同作業、共感力、および業績に対する関係者全体の責任感を生み出せるかどうかによって左右されます。

DevOpsは、ソフトウェア開発(Dev)とオペレーション(Pps)を組み合わせた手法です。これは、共同作業と責任共有の文化を促進して、開発チームとオペレーションチームの仕事を統合することを目的としたソフトウェアエンジニアリング手法として定義されています。

DevOps開発手法

DevOps開発手法はシステム開発ライフサイクルを短縮し、高いソフトウェア品質で継続的なデリバリーを目的としており、コラボレーション、自動化、インテグレーション、迅速なフィードバックサイクルを重視しています。こうした特徴により、信頼性や開発速度 / 作業量に優れたソフトウェアをビルド、テスト、リリースできる環境が生まれます。

この開発手法は、アプリケーション開発とデプロイの有効性と効率性を支える4つの基本原則で構成されています。以下に概説する各原則は、現代のソフトウェア開発における最も好ましい側面に焦点を当てたものです。

DevOpsの基本原則

  1. ソフトウェア開発ライフサイクルの自動化 自動化の作業には、テスト、ビルド、リリース、開発環境のプロビジョニングのほか、ソフトウエアデリバリープロセスの進行を妨げたり、人為的ミスを招いたりする可能性のあるその他のマニュアル作業があります。
  2. 共同作業とコミュニケーション 優れたDevOpsチームは自動化を採用し、さらに優秀なDevOpsチームは効果的な共同作業とコミュニケーションにも取り組みます。
  3. 継続的改善とムダの最小化 優れた成果を上げるDevOpsチームは、反復的なタスクの自動化に加え、パフォーマンス指標の監視によるリリース時間や平均修復時間の短縮機会の特定にも取り組み、改善の余地がある領域を常に模索しています。
  4. 短いフィードバックループによるユーザーのニーズへの徹底フォーカス DevOpsチームは、自動化、より効果的なコミュニケーションと共同作業の実施、および継続的な改善に取り組むことで、ユーザーの真のニーズを理解してそれに対応するというタスクに集中できます。

これらの原則を採用すると、組織はコード品質を向上させ、市場投入までの時間を短縮し、より優れたアプリケーションの開発計画に取り組むことができます。

DevOpsの4つの段階

DevOpsの進化は、テクノロジーと組織慣行の変化を特徴とする4つの異なるフェーズにわたって展開してきました。この進展は、主に2つの傾向によって引き起こされるDevOpsの複雑化を反映しています。

  1. __マイクロサービスへの移行:__組織がモノリシックなアーキテクチャからより柔軟なマイクロサービスアーキテクチャに移行するにつれて、専門的なDevOpsツールの需要が急増しています。この動きは、マイクロサービスが提供する粒度と俊敏性の向上への対応を目的としています。

  2. __ツールインテグレーションの増加:__プロジェクトの急増とそれに伴って増加したDevOpsツールの需要により、プロジェクトとツール間のインテグレーションの数が大幅に増加しています。こうした複雑な状況により、組織はDevOpsツールの採用とインテグレーションへのアプローチの再考を余儀なくされました。

DevOpsの進化は4つの異なるフェーズにわたって展開し、それぞれがソフトウェア開発・デリバリーの増大する需要と複雑さに対処してきました。

そんな4つのフェーズについてご説明します。

フェーズ1:Bring Your Own DevOps(BYOD/自前のDevOps)

BYODのフェーズでは、各チームがそれぞれのツールを選定します。このアプローチでは、他のチームのツールに慣れていないため、チームが協力しようとするときに問題が生じます。このフェーズで判明したことは、よりスムーズなチームインテグレーションとプロジェクト管理の実現に向けたより統合されたツールセットの必要性でした。

フェーズ2:最高クラスのDevOps

多様なツールの使用によって引き起こされる課題に対応するため、組織は2番目となる「最高クラスのDevOps」のフェーズへと移行しました。このフェーズで組織は共通のツールセットを使用して標準化を図り、DevOpsライフサイクルの各段階で優先的に使用するツールを1つずつ指定しましたが、チーム間のコラボレーションが促進される一方で、フェーズごとに異なる各ツールにソフトウェアの変更を反映させる際に問題が生じていました。

フェーズ3:DIY DevOps

この問題を解決するため、組織はツール周辺でDIYでのDevOpsとしてのビルドを行いました。しかしDevOpsで使用するさまざまなツールのインテグレーションに多くのカスタム作業が発生したばかりでなく、そうしたツールはインテグレーションが考慮されていない単体使用向けの設計であったため、完全には適合しませんでした。多くの組織ではDIY DevOpsの保持は大変な作業であり、エンジニアは主要なソフトウェア製品の開発ではなく、ツールのインテグレーションの保持にリソースを割かなければなりませんでした。### フェーズ4: DevOpsプラットフォーム

単一アプリケーションプラットフォームのアプローチは、チーム全体の体験とビジネス効率を向上させます。DevOpsプラットフォームはDIY DevOpsに代わるもので、DevOpsライフサイクルのすべての段階を可視化し、コントロールできます。

DevOpsプラットフォームでは、すべてのチーム(開発、オペレーション、IT、セキュリティ、経営陣)がエンドツーエンドの統一システム全体で協働してソフトウェアの開発計画、ビルド、保護、デプロイに取り組むことができるなど、DevOpsの可能性を最大限にする革新的なソリューションです。

GitLabのDevOpsプラットフォームは、Self-ManagedまたはSaaSデプロイに依存しない、まとまりのあるユーザーインターフェイスを搭載した単一のアプリケーションです。統一されたデータストアを備えた単一のコードベース上に構築されているため、組織は信頼性の低いDIYツールチェーンの非効率性と脆弱性を解決できます。

DevOpsはAIとMLをどのように活用できるのでしょうか?

人工知能(AI)と機械学習(ML)はまだDevOpsのアプリケーションにおいて発展途上ですが、すでに組織が活用できる数多くの利点があります。AIやMLは、テストデータの分析、バグにつながる可能性のあるコードの異常の特定、セキュリティとパフォーマンスのモニタリングの自動化、潜在的な問題の検出と積極的な解決をアシストします。

  • AIとMLはパターンを見つけ、バグの原因となるコードの問題を特定し、詳細を確認するようDevOpsチームに警告できます。

  • 同様に、DevOpsチームはAIとMLを使用してログやその他のツールからセキュリティデータを選別し、漏洩や攻撃などを検出できます。こうした問題が発見されると、AIとMLは自動緩和技術と警告で対応できます。

  • AIとMLは開発者とオペレーション担当者の最適な作業方法を学習し、ワークフロー内で提案を行い、適切なインフラ構成を自動的にプロビジョニングすることで開発者とオペレーション担当者の時間を節約できます。

AIとMLは大量のテストデータとセキュリティデータを解析でき、潜在的なバグや漏洩につながる可能性のあるパターンとコードの異常の特定が得意分野です。この機能を活用することでDevOpsチームは脆弱性に積極的に対処し、アラートプロセスを合理化できます。

DevOpsでのAIとMLのメリットの詳細を読む

DevOpsプラットフォームとは?

DevOpsは人間のサイロを一つにまとめる一方で、DevOpsプラットフォームはツールに対して同じことをします。数多くのチームが多様なツールを使ってDevOpsのアプローチを実践していますが、すべてのツールは継続的なメンテナンスを必要とし、その多くは互換性がないか、インテグレーション自体に対応していません。DevOpsプラットフォームはツールを単一のアプリケーションに統合し、優れたコラボレーション、可視性、開発速度 / 作業量を促進します。

DevOpsプラットフォームとは、現代のソフトウェアを作成、保護、リリース、モニタリングするための理想的な方法です。真のDevOpsプラットフォームとは、誰もがコントリビュートでき、チームが迅速に反復して共にイノベーションを起こせる場所です。この統合されたアプローチは、現代のソフトウェア開発の複雑さを解消し、DevOpsの可能性を最大限に引き出すことを希望する組織にとって極めて重要となります。

DevOpsカルチャーの利点

DevOpsのビジネスバリューとDevOpsカルチャーの利点は、継続的な改善でソフトウェアをより迅速に提供するために、本番環境を改善できるようになることです。業界の破壊者を予測し、迅速に対応する能力が求められます。これは、チームが自律性を持ってより迅速に行動し、実行中の作業を削減できるアジャイルソフトウェア開発プロセスで可能になります。そうすることで、チームは市場が求める速度で需要に対応できます。

DevOpsが設計どおり機能するには、次のような基本的な概念を実践する必要があります。

  • あるチームの成功の測定値が別のチームの重要業績評価指標(KPI)と直接対立する場合には特に、障害や制約につながる制度化されたサイロやハンドオフを排除します。

  • 複数のチームが共有し、共同作業できる単一のアプリケーションを使用して、統一されたツールチェーンを実装します。これにより、チームはデリバリーを加速させ、お互いに迅速なフィードバックを提供できます。

主な利点:

DevOpsカルチャーの採用により、オペレーションの効率化、機能の迅速な提供、品質の向上など、組織に多くの利点がもたらされます。主なメリットには次のようなものがあります。

__コラボレーションの強化:__開発チームとオペレーションチームの間のサイロを解消することで、よりまとまりのある作業環境が生まれ、コミュニケーションとコラボレーションが向上します。

__効率性の向上:__ソフトウェア開発ライフサイクルの自動化でマニュアル作業を削減し、エラーを最小限に抑えて納期を短縮します。
継続的な改善:DevOpsは継続的なフィードバックが与えられる環境を奨励します。これによりチームは迅速に適応して改善を行うことが可能となり、ソフトウェアが利用者のニーズを適切に満たすことができるようになります。

__より高い品質とセキュリティ:__継続的インテグレーションとデリバリー(CI/CD)や積極的なセキュリティ対策など、DevOpsではソフトウェアをより迅速に開発するだけでなく、優れた品質とセキュリティ基準を維持できます。

__市場投入までの時間を短縮:__組織の開発プロセスを合理化してチームのコラボレーションを改善することで、構想からデプロイまでの全体的な時間を短縮し、急速に進化する市場においても優位性を確保できます。

DevOpsの目標とは?

DevOpsは、ITの文化に通じる概念を一変させるアプローチです。アジャイル手法から導き出されたDevOpsでは、ビルドにおいて、インクリメンタル開発および迅速なソフトウェアデリバリーに焦点が当てられます。成功するかどうかは、説明責任の文化、より効果的な共同作業、共感力、および業績に対する関係者全体の責任感を生み出せるかどうかによって左右されます。

DevOps戦略を採用することで企業はオペレーション効率を向上させ、より優れた製品をより迅速に提供し、セキュリティとコンプライアンスのリスクを軽減できます。

DevOpsライフサイクルとDevOpsの仕組み

DevOpsライフサイクルは、ソフトウェア開発の開始から、デリバリー、メンテナンス、セキュリティにまで及びます。DevOpsライフサイクルの流れは次のとおりです。

__計画:__やるべき作業を整理し、優先順位を付けて進捗状況を追跡します。

__作成:__チームと共ににコードとプロジェクトデータを記述、設計、開発し、安全に管理します。

__検証:__コードが正しく動作し、品質基準に準拠していることを確認します。ここでは自動テストが理想的です。

__パッケージ:__アプリケーションと依存関係のパッケージ化、コンテナの管理、アーティファクトのビルドを行います。

__セキュア:__静的および動的テスト、ファジング、依存関係スキャンを使用して、脆弱性をチェックします。

__リリース:__エンドユーザーにソフトウェアをデプロイします。

__構成:__アプリケーションをサポートするために必要なインフラストラクチャを管理および構成します。

__モニタリング:__インシデントの重大度を下げ、発生頻度を下げるのに役立つパフォーマンスメトリクスとエラーを追跡します。

__ガバナンス:__組織全体でセキュリティ上の脆弱性、ポリシー、およびコンプライアンスを管理します。

DevOpsツール、コンセプト、および基礎

DevOpsは、アプリケーションライフサイクル全体で多岐にわたるアプローチを網羅しています。DevOpsアプローチの採用を成功に導くために、多くのチームではこれらのプラクティスのうち少なくとも1つを実行することから始めます。

トピック 説明
バージョン管理 ソースコードやその他のファイルに加えられたすべての変更を追跡・管理する基本的なプラクティスを指します。バージョン管理は、ソースコード管理に密接に関連しています。
アジャイル アジャイル開発とは、プロジェクトのデリバリーを合理化して加速するために反復型、インクリメンタル型、リーン型のアプローチを取ることを意味します。
継続的インテグレーション (CI) すべてのコードの変更をメインブランチに定期的に統合し、各変更を自動的にテストし、自動的にビルドを開始するプラクティスを指します。
継続的デリバリー (CD) 継続的デリバリーは継続的インテグレーションと連動して機能し、インフラストラクチャのプロビジョニングとアプリケーションのリリースプロセスを自動化します。これらは一般的にCI/CDと呼ばれています。
シフトレフト 開発プロセスのずっと早い段階でセキュリティとテストをシフトすることを示す用語です。これを行うと、開発をスピードアップすると同時に、コード品質の向上が可能です。

DevSecOpsはDevOpsとどのように関連していますか?

セキュリティはソフトウェア開発ライフサイクルの不可欠な部分であり、その多くは開発プロセス上でシフトレフトされます。DevSecOpsは、DevOpsチームがアプリケーション作成の当初からセキュリティとコンプライアンスの要求事項を理解し、ソフトウェアの整合性を適切に保護できるようにします。

セキュリティをDevOpsワークフローにシームレスに統合することで、組織は脆弱性レポートや監査を含む複雑なセキュリティ要件を満たすために必要な可視性とコントロールを得られます。セキュリティチームは、重要なテストフェーズを含む開発とデプロイを通じてポリシーを確実に実施できます。

DevSecOpsはオンプレミス、クラウドネイティブ、ハイブリッドなどのさまざまな環境で実装できるため、ソフトウェア開発ライフサイクル全体を最大限に管理できます。

継続的インテグレーションと継続的デリバリーの組み合わせであるCI/CDは、DevOpsと最新のソフトウェア開発プラクティスに不可欠な要素です。専用のCI/CDプラットフォームはビルトインの自動化、継続的なテスト、コラボレーションを通じて組織の生産性や効率を向上させ、ワークフローを合理化するため、開発時間を最大限に活用できます。

アプリケーションの規模が大きくなればなるほど、CI/CDの機能は開発の複雑さを軽減しやすくします。セキュリティのシフトレフトやより緊密なフィードバックループの作成など、他のDevOpsプラクティスを採用することで開発サイロを打破し、安全な拡張を実現してCI/CDを最大限に活用できます。

DevOpsはクラウドネイティブアプローチをどのようにサポートしていますか?

ソフトウェア開発のクラウド移行には非常に多くのメリットがあるため、ますます多くの企業がクラウドネイティブコンピューティングを採用しています。クラウドからのアプリケーションのビルド、テスト、デプロイによって組織はリソースをより簡単に拡張してより迅速なソフトウェアの提供を行うことができ、コストを削減しながらビジネス目標を随時達成できます。さらにDevOpsチームはインフラストラクチャのメンテナンスから解放され、開発に力を投入できます。

クラウドネイティブアプリケーションの開発によって開発者とオペレーションチームはより多くのコラボレーションを行えるようになり、より高品質なソフトウェアをより迅速に提供できます。

クラウドネイティブDevOps環境のメリットに関する詳細

DevOpsプラットフォームエンジニアとは?

DevOpsエンジニアは、企業や顧客に重要な情報を伝えるなど、ソフトウェア開発ライフサイクルのすべての側面を担当します。DevOpsの開発手法と原則を遵守し、開発プロセスをワークフローに効率的に統合し、可能な場合は自動化を導入し、コードをテストおよび分析します。DevOpsエンジニアは、ツールとプラットフォーム(必要に応じてITインフラストラクチャを含む)を構築、評価、デプロイ、およびアップデートします。DevOpsエンジニアはリリースを管理し、ソフトウェアユーザーの技術的な問題を特定して解決を支援します。

DevOpsエンジニアがエンジニアリンググループとビジネスグループ間でコラボレーションできるようになるには、さまざまなプログラミング言語の知識と強力なコミュニケーションスキルが必要です。

DevOpsのメリット

DevOpsを採用すると、開発チームとオペレーションチームの障壁を破ってサイロ化がされなくなり、開発とアプリケーションのライフサイクル全体でより効率的な作業が可能になります。DevOpsがなければ組織にはハンドオフの摩擦が発生し、ソフトウェアリリースのデリバリーが遅延してビジネス成果に悪影響を及ぼします。

DevOpsモデルは、オペレーション効率の向上、デリバリーの加速、製品のイノベーションに対する組織へのソリューションです。DevOpsカルチャーを導入した組織は、コラボレーションの向上、流動的な応答性、およびサイクルタイムの短縮といったメリットを実感できます。

コラボレーション

DevOpsモデルの採用により開発チームとオペレーションチームの間に整合性が生まれ、ハンドオフの摩擦が減り、全員が同じ目標や目的に向かって行動できます。

柔軟な対応

コレボレーションの強化は、リアルタイムのフィードバックと効率の向上につながります。変更や改善が迅速に行われ、無闇に行われる作業が排除されます。

サイクルタイムの短縮

効率の向上とチーム間での頻繁なコミュニケーションにより、サイクルタイムが短縮され、品質とセキュリティを維持しながら、新しいコードをより迅速にリリースできます。

DevOpsを始めましょう

Starting and Scaling DevOps in the Enterprise

Gary Gruver氏が組織のソフトウェア開発とデリバリープロセスをどのように変革できるかについての先駆的な分析を行い、「Starting and Scaling DevOps in the Enterprise (企業でDevOpsを開始しスケーリングする方法)」ではDevOpsの原則を実装するための戦術的なフレームワークについて語ります。

今すぐGitLabを試してみましょう

単一プラットフォームで実現させるソフトウェアデリバリーで、チームの力を引き出しましょう。

無料トライアルを開始する
Headshots of three people

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

エキスパートに相談する